患者と説明している医者たち

ほとんどの方は、大人になるまでに口内炎や口の周りにチクチクした痛みのともなう水ぶくれ(水疱)ができた経験があるかもしれません。口の中や唇の近くにできる水疱の正体は口唇ヘルペスで、性病の性器ヘルペスと同じ症状が出ます。ヘルペスは性器に発症するタイプと、口唇の周囲や口内に出るタイプの2種類があります。発症する部位ごとに2種類に分けられることが多いですが、いずれも同じウイルスが原因で起こります。両方とも放置しても自然治癒しますが、治った後もウイルスが体内に残留し続けるので再発をする恐れがあります。まずはヘルペスの基礎情報を確認しましょう。

ヘルペスの原因・症状の種類や発症するメカニズムを知ろう

ヘルペスを起こす病原体は単純ヘルペスウイルスと呼ばれるウイルスで、このウイルスは人から人にうつることが知られています。普段は不活性な状態で神経の内部に潜んでいますが、神経に強い刺激を受けると活発化して増殖を開始します。ウイルスが増殖を開始した時に体の免疫力が弱くなっていると性器や口の周辺・口内などに発症して、チクチクとした痛みをともなう水ぶくれやびらん(潰瘍)ができます。

単純ヘルペスウイルスは大きく分けて1型と2型の2種類があり、成人の大半はどちらか片方または両方のウイルスに感染しています。1型と2型のウイルスは基本的に症状や特徴はよく似ていますが、1型は上半身(口の周辺など)に発症しやすいという性質を持ちます。これに対して2型のウイルスは下半身(性器周辺)に発症しやすいと言われていますが、発症部位が明確に分かれている訳ではありません。1型のウイルスでも、性器やその周辺で発症することがあるからです。ウイルスが活発化した際に、口の周辺または口内と性器の両方に症状が出るケースも珍しくありません。

症状にはいくつかの段階があり、各段階ごとに自宅症状に違いがあります。初めてウイルスに感染したり、体の中に潜んでいるウイルスが再活性化すると発症します。初期症状を発症すると患部に痒みを感じて、数時間~1日後に性器または口の周辺に狭い範囲に小さな水膨れがたくさんできます。痒みの症状が出るので、ほとんどの人はこの段階で発症したことに気づきます。

発症する部位は外側の皮膚だけとは限らず、口の中の粘膜や性器の内側の粘膜に水ぶくれや潰瘍が形成されるケースもあります。食事中に誤って口の内側を強く噛んでしまうと、ウイルスが活発化して口内炎の形で発症する場合が少なくありません。女性の場合は腟や子宮頸部などの性器の内側に発症する場合があり、排尿時に灼熱感を感じたり排尿困難になる人もいます。肛門の内側に水ぶくれができると、排便が困難になる場合もあるようです。

水疱ができて1~2日ほど経過すると、小さな水ぶくれがまとまって数mm~1cmほどのびらん(潰瘍)の塊になります。潰瘍を見ると白い膿を確認することができ、痒みからチクチクとした痛みの症状に変わります。潰瘍ができた部分の皮膚は盛り上がっていませんが、膿が排出される場合もあります。この状態が1~3週間にわたり続き、治るまでの間は不快な症状に悩まされ続けることになります。

性器や口の周辺・口内にできた潰瘍は、時間が経つと自然に治癒します。皮膚の外側に発症した場合はかさぶたが形成され、痛みの症状が少しずつ消えます。かさぶたが形成されて痛みの症状がなくなってしばらく経過すると、元の状態に戻ります。

初めてウイルスに感染した場合は症状が重くなる場合があり、痛みの症状が長期間にわたり続くケースがあります。初感染した時は体がウイルスに対する抗体を持っていないため、皮膚の表面にできる水疱や潰瘍以外の症状を発症するケースがあります。1型または2型のウイルスに初感染すると、発熱や全身の倦怠感などの全身症状が出る患者がいます。再発時にも発熱やリンパ節の腫れなどの全身症状が出るケースがありますが、何度か発症と治癒を繰り返していくうちに病原体に対する抗体を獲得します。このため、再発した場合は初感染よりも症状が軽く済むことが多いです。

ほとんどの場合はヘルペスの症状は性器または口の周辺に出ますが、まれに体の他の部分に炎症を起こすことがあります。病原体のウイルスは皮膚だけでなく、体のほぼすべての細胞に感染して増殖することができるからです。ウイルスが脳に感染して発症すると脳炎(ヘルペス脳炎)を起こし、錯乱・発熱・けいれん発作などの症状が出て死に至る恐れがあります。神経細胞以外にも、目の角膜や食道・肺などにもウイルスが感染して炎症を起こすことが知られています。